SEO Help! 検索エンジン対策を行っていますか?

検索エンジンで上位表示を狙いサイトへのアクセス数を上げて、より多くの方々に商品やサービスをアピールしましょう!

SEOにおけるレンタルサーバーの重要性

レンタルサーバーの性能によって検索順位が変わるかもしれません。

レンタルサーバー関連の要素として次のものがあります。

  • ①表示速度
  • ②SSL対応
  • ③被リンクサイトのIP分散度
  • ④レンタルサーバーの安定性

が主なものです。

各項目について解説します。

  • ①表示速度は通常の速度であれば問題はありません。しかし、サイトの表示時にタイムアウトが発生するほど遅いものは問題があります。多くの場合はサイトへの過剰なアクセスなどが原因で表示速度が遅くなる場合が多いのも問題あります。
  • ②SSL対応の有無はgoogleの評価基準に含まれています。大きな要素ではありませんが大切です。
    2017年10月以降、スマートフォンでのサイトの表示においてブラウザー、クロームを利用してサイトを閲覧しようとした場合、SSL対応がされてないと、危険であるメッセージが表示されます。
  • ③一般的にはCクラス以上での被リンクの分散は評価されると以前から言われております。
  • ④サーバーの障害などにより、稼働が不安定でアクセスできない時間が発生すると、クローラーがサイトにアクセスできないことになります。これが原因でサイト(ドメイン)の評価が下がる可能性があります。(これはWebmasterツールで確認することができます。)

SSL対応について

最近のホームページへのアクセスの多くはスマートフォン経由です。このことを考えるとサイトのSSL化は無視できる状況ではなく、必須と言えるかもしれません。一般の方向けのサービスはほとんどスマートフォンになるので、ショッピングサイト、個人情報を入力するページがあるサイトは必ずSSL化しましょう。

被リンクサイト用のレンタルサーバーがあるのか?

もし、被リンクサイトを構築するということであれば、123サーバーやQuiccaなどのIP分散サーバーがあります。

最近のIP分散サーバーは、通常の共用サーバーとほぼ同じスペックのものもあります。そのため、WordPressも快適に導入できます。更新作業も楽ちんです。昔のIP分散サーバーはスペックが低くて使い物にならないものも多くありました。

また、最近では被リンクサイトに十分なコンテンツがなくては効果がないため、そのための費用もかかります。費用とリスクを考え、被リンクサイトを構築するのを断念する企業も多くあります。被リンクサイトというものではなく、動画サイトや商品サイト等を作成し、レンタルサーバーを個別に契約するというものが増えております。これはseoのためにサイトを作成するのではなく、ユーザーのために必要なサイトを作るということです。

SSL化の費用

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。

個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化することでサーバとPC間での通信を安全に行なうことができます。

SSL対応の費用はSSLの種類(業者の信用度、種類)によって大きく異なります。年間の費用は無料のものから数十万円となります。 サイトの利用法に応じてサイトにSSL化を導入してみてはどうでしょうか?

実績から選ぶ大阪、東京のseo会社

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.seo-foa.com/
http://www.tkt-group.co.jp/

seo関連